So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

いざ乗鞍 番外編 [トレッキング]

DSC06124.jpg

山登りの翌週,またまた乗鞍高原!
この通り,大カエデには遅かったのですが,
けっこう楽しめました!

PB050604.JPG

PB050640.JPG




DSC06195.JPG

これは我が家のベランダ ブルーベーリーの葉です
見事な赤でしょ!



nice!(17)  コメント(2) 

脳腫瘍の疑い その2 [Diary]

「グリオーマ(神経膠腫) グレード2の疑い」
退院後もネットやら書籍で,いろいろと調べました.
調べれば調べるほどに絶望的な内容です.
やっかいなものしょいこんじまった.
手術しれみなければ中の状況はつかめないそうです.
  →診断の信頼性に欠ける(ここです!)
グレード○のX年後の生存率は○○%,そんなんばっかり.
あと,脳に浸み込むように広がり,その速度も早いようです.

が,しかし
自分,こういう状況になったらなったで不思議と冷静でした.
というよりふっきれたのかも.
事故でもないかぎり,自分はこんなふうに死んでいくんだ.
いずれカウントダウンがはじまる.
その時は,残された時間をこんなふうに過ごそう...
誰にも言わずに,ここも闘病ブログにはしないぞと決めました.

なぜ冷静でいられたのか...
まだ心のどこかで疑っていたのか,そういう性分なのか?
分からないです.



そして,5月 再検査.
MRI検査の結果は「さほど変化なし」.(進行はしていない)
それよりも顔面痙攣が目元だけではなく口元までひろがっている.
今回の検査結果で異常がなければ,
顔面痙攣の手術は可能と言われていたので,
6月下旬に顔面痙攣の手術を受けることになりました.
(手術し退院後にブログ再開し書き込んでいます.)

この入院から,担当医・主治医も違う先生へ変わりました.
前回の検査でグレーな結果だった局所症状の再検査を受けました.
結果:全く問題なし! (これは自分でも体感できるほど良くなっている)
明るいきざしが...
そればかりか,先生方には当時かかえていた悩みまでフォローいただき,
すごくありがたく思っている.
片側顔面痙攣の手術は無事に成功し,予定通りに退院できました.



そして先日.MRIによる定期検査.
頭の内圧も上がっているように感じ(腫れが広がっている?),
ちょいと覚悟はしていました.


MRI検査を終え,診察室に呼ばれます.
「どうですか,仕事の方は」
「はい,こきつかわれています(笑).おかげさまで完全復帰できました」
「それは良かった」

そして検査結果:グリオーマの可能性なし!
やった!よかった!! ...ガッツポーズです!!
でも,ツカレタ~(脱力(笑))

念のため一年おきに検査は続きますが,まずはひと安心.
(なぜ疑いがもたれたかについてはまた後日)


ご心配おかけしました.大丈夫です!
半世紀も生きていると,いろいろありますね!
約一年,酒をやめていました.また飲めるゾ~(笑)

この通り心身ともにゲンキですので,またよろしくお付き合いください!




脳腫瘍の疑い その1 [Diary]

書こうにも書けなかった事を
ツイッターでつぶやいちまいました(笑).
最悪の事態から逃れることが出来ましたので,
ひとつの分岐点として,ここに残したいと思います.


6月に手術をうけました片側顔面痙攣ですが,長いつきあいでした.
投薬治療を続けてきたのですが,ひどくなるばかりです.
あわせて体調不良(原因不明)やら諸々で,心身ともに疲れきっていました.
そして,2月に受けたMRI検査の結果で事態は急変です.
 →体調不良の症状とMRI検査結果(局所症状)が一致,脳腫瘍の疑い.
要精密検査となり,総合病院を紹介されました.

2月のブログで 検査入院します,詳細は後日...
と綴ったのが この内容なのです.


詳細は後日なんて書きながら,書けなかったその理由がこれです.
その翌々日に総合病院で診察を受けました.
検査結果の説明中にわたされたメモに「グリオーマ(神経膠腫)」の文字.
「状態によっては,5年です」
一瞬耳を疑いました.映画やTVドラマでよくある余命宣告?

いわゆる悪性の脳腫瘍の疑いと,そうであった場合の治療方法の説明を受けました.
こんな状況の中,動揺もせずに冷静でした.自分でも不思議なくらいに.
不調の原因はこれだったのか.ようやく分かった,やっと分かった...
という気持ちが大きかったのかも.それか 状況をのみこめなかったか.


そしてドタバタと検査入院.
1週間の入院予定が3日延長となり,なかなか結果がでない.
(担当医と主治医と,見解がちがっていたように思う.)

退院の前日に説明がありました.「グリオーマ グレード2の疑い」
すぐに手術する必要はなく,疑いのまま経過観察をしていく方針らしい.
日常生活での制限事項はなしです.

他の部位であれば手術をして,細胞をとりだし検査するようですが,
場所が場所だけに,常に活動している脳だけにそれは避けたいとのこと.



なんとも暗く重い気持ちで退院.
家族へは 「大丈夫みたい.また検査には行くけどね」 と伝えた.


(この続き,翌日です)



まさかの... [Diary]

DSC06212.JPG

DSC06205.JPG

「ニュースや天気予報で雪が降るとか...」
「雪!? まぁ降らないでしょう」
「ですよね」

なんて会話していたのが昨日(^^ゞ

朝目を覚ますと...銀世界 にゃは(笑)


先週末にスタッドレスタイヤに履き替えていました
どーっすか! この先を読む力!!
違うことで発揮したい(笑)


nice!(14)  コメント(0) 

おすすめの... [Coffee Break]

DSC05944.jpg
缶コーヒーを好んで飲む方には超おすすめ(^^)v
大人のひとときっすよ!(笑)

さて,今週 術後の定期健診&検査 ちょい不安^^;


nice!(11)  コメント(0) 

いざ乗鞍 本編 [トレッキング]

前回の続き,いざ乗鞍! 久々の山頂へ!!

DSC05732.jpg
12:50 シャトルバス終点 畳平(標高2702m)に到着
この通り,すでに冬支度(>_<)

DSC05739.jpg
目指すは,乗鞍連峰 富士見岳
久々のトレッキング!(^^)!

DSC05759.jpg
手前が鶴ケ池 その向こう側に ななな...なんと槍ヶ岳が!
雲の中から,サプライズですな(^^)v

砂と小岩の山道を登ります
天気はよいのですが,けっこうな風と氷点下の世界…すでに冬です(>_<)
何度も引き返そうと思ったことか(笑)

DSC05766.jpg
こんな感じで,雲の上の人となる(笑)
あまりに寒かったので,雨具を着用.←これが大正解(^^)v

DSC05792.jpg
手前が「お花畑」
雲の下がおとなりの高山市


DSC05830.jpg

DSC05841.JPG

つきさす寒さのなか,富士見岳(標高2817m)登頂!


DSC05834.jpg
名前のとおり,快晴なら富士山が見えるらしい(見えたことがない...)


ご無沙汰していたトレッキング. 
山頂へ着いた時には,いつにも増して感慨深いものがありました.
なんとか体力,体調も取り戻すことができた感じです.
ご心配おかけしましたが, もう大丈夫です!

謝謝!



nice!(29)  コメント(2) 

いざ乗鞍 序章 [トレッキング]

そろそろ閉山!?
この週末が今年最後のチャンスかも!?
身体の調子も戻っているし!
...ということで,行ってきました!乗鞍高原!!


DSC05672.jpg
11:30 観光センターに到着 ここまでは自分の車
ここから畳平まではシャトルバスを利用
しかし,雲の中っすよ~ and 上は氷点下との情報(>_<)


DSC05692.jpg
12:00 シャトルバスで観光センターを出発
ダケカンバなどの針葉樹に囲まれると,
辺り一面は霧の中(雲の中?) 山頂付近は大丈夫なのか???
「本日は天候が変わりやすく,
畳平からの最終バスが 欠行となるかもしれません」とのアナウンス
ど~なることやら(・・;)


DSC05727.jpg
森林限界をぬけると,この通り(^^)v
にゃは! 天気いいネ!!
さて,目指すは富士見岳(標高2817m)山頂!


つづく こうごきたい!!




nice!(21)  コメント(3) 
前の7件 | -